So-net無料ブログ作成

西荻窪 鞍馬 箱盛りそば 大もり 1340円 [日本蕎麦]

西荻窪 鞍馬 箱盛りそば 大もり 1340円kurama.jpg

本日はわざわざ西荻窪へ。目的は鞍馬だ。実は他店にふられて鞍馬にお邪魔した。私はお蕎麦だけは、長い時間待ったり、並んだりするのは嫌なのだ。やっぱりご縁がないと。とにかく初鞍馬だ。幸いにしてさほど待つことなく席に着くことが出来た。

待ちながらしげしげと店内を見回す。和風で居心地が良い。テーブルが4-5個と、あとは大きなお一人様用テーブルが一つ。お店の奥にはそばを挽く機械がデンと構えている。まるでお店の主人のような顔をしている。調理場の中には、確認できる範囲で、割と若い男性が二人。年配のオーナーと思われる方はおられなかった。お店はおかみさんと思われる女性がきっちりしきっておられて気持ちがよかった。

お客さんの中には、まだ明るいのに日本酒を気持ちよさそうに”やって”いるお年寄りが複数おられ、非常にうらやましかった。リストを拝見すると、おいしそうなお酒が目白押しでよだれが出そうだ。しかし私はお蕎麦を食べに来たのだ、、、。

それで自分の中ではすでにして非常に有名な、箱盛り蕎麦の大盛りをお願いした。日本茶が供されたが、濃く淹れられたわりには苦味の少ない、薫りもゆたかな、おいしいお茶だった。お蕎麦への期待が高まる。暫く妄想しながら、周りの人たちや建具の様子なんかを眺めながら、楽しくお蕎麦を待った。

床に並べられた石みたいなのは、傷んでいてあまりきれいじゃあないな、とか、電気は和風でいいけれど、ホコリがたまっていて清潔感が足りないな、、、とか。丁度の雰囲気はとても良いが、個人的にはもっときりきりとお掃除をお願いしたいと思った。そうです私は清潔病なんです、、、、。我ながら困ったものだ。また、てんぷら系の種物をオーダーするお客さんたちも多く、お店の中に油の薫りが充満しているのも正直気になった。しかしそれはまあ仕方がない。都会の人気がある小さなお店なのだから。

程なくお蕎麦が供された。おお、これが有名な鞍馬のお蕎麦なのか。塗の四角いお盆に乗っているのは、長方形の私的には非常に有名な、ふたがついた蕎麦を入れた箱、大根おろし、山葵、ネギの薬味が乗った小皿、さらに蕎麦つゆが入った小さな徳利だ。美しい。

箱のふたをあけると、美しいお蕎麦。やや平べったく、角は過度に立っておらず(シャレではないです)、いかにも手打ち、という顔をしており、お蕎麦の幅が微妙に整わない感じも好ましい。星は目立たず二八のようにも見えるのだが、能書きには十割と書いてある、、、、と、このあたりでお蕎麦の薫りにアタマをやられた。個人的にものすごく好きな薫りだ。私のお蕎麦を評価する一つの軸に“栗のような薫り”というのがあるのだが、ここのお蕎麦は間違いなく“栗”を感じさせる。これまでにであったお蕎麦の中で、私のこの個人的な基準を満たすのはこのお店で僅かに3件目だ。ほかの2店は、、、、まあそれは良しとしよう。それでアタマをやられてしまって、お蕎麦をお鼻にぱったりとつけ、クンクンやって幸せになり、そのままお蕎麦をわしわしとほとんど全て食べてしまった。これはおいしい。

“栗の薫り“がするお蕎麦は間違いなくおいしいのだ。それで例によって糸の様に細く切られた輪切りの葱(白髪ねぎではなく、真っ白い部分の輪切りだと思う)、小さくまとめられた大根おろし、それから薫り高く辛さはあまり感じさせない山葵を、つまみのようにして各々楽しんだ。それでようやく蕎麦つゆだ。順番がおかしいがまあ仕方がない。物事には勢いというものがあるのだ。これを徳利から蕎麦猪口に移して味わってみた。醤油や塩気が背景に引っ込んだ、カツヲが前にでた蕎麦つゆだ。ほのかかつ自然で上品な甘みも感じる。手がかかっているのは間違いない。このままどんどんおいしく飲めてしまいそうだ。すごくおいしい。しかしお蕎麦はそれなりに力のある仕上がりなので、合わないかも、と考えた。それで半分ほど蕎麦つゆに浸して、、、、お蕎麦の勝ち。しかしそれ以上お蕎麦を蕎麦つゆに浸す気になれずに結局全てのお蕎麦を食べきってしまった。魔法の様な早食いをしてしまった。

というわけで、アタマがしびれるようないい薫りにやられてあっという間にお蕎麦を食べ終えてしまった私だったのだが、もう一枚、とも考えた。しかしお蕎麦の順番を待って切なそうな顔をしているお年寄りも複数いたので、早々に席を立った。おいしかったがもっと食べたかった。もっと書きたいような気もするのだが、この先何度か足を運んでからにしようと思う。とりあえず鞍馬とのfirst contactは幸福な体験だった。値段もこれなら高くないかな、と思った。

私が入店した時だけならいいのだが、例えばハワイの高級ホテルにいるような感じの複数のご夫婦がテーブルを独占しており、次々に注文を追加して、待っている人たちを完全に無視して長っちりを決め込んでいる。また、おそらくは常連さんと思われるのだが、やはり外はまだ明るいのに、何度もつまみを頼んで長時間テーブルを独占している。これはどうかと思った。お昼のお蕎麦屋さんは、さっと食べて席を立つのが適切であるように感じた。まあ、人それぞれなので、アタマにきたりはしませんけれど。

お蕎麦の食べ具合を見ながら、蕎麦湯が供されたのだが、これがほぼ1リットルはあろうかというくらい、大量だった。これはもう大喜びで、どんどん飲ませていただいたのだが、時間とおなかの具合を考えて、蕎麦猪口に2杯で終わりにせざるを得なかった。残された蕎麦湯に、女々しい心が残った。

徳利から蕎麦猪口に蕎麦つゆを移すと、徳利の構造上、どうしても多少の蕎麦つゆが垂れてしまうことと、お店がいまいち清潔ピカピカではないこと、また、蕎麦湯を呑みきれなかったことがくれぐれも残念だった。またここに伺いたいと強く強く思った。流れているクラシックもなかなかいいと思った。蕎麦つゆの謎を解くまで、折を見て何度か通いたい。まだ私の中での”初鞍馬”は、終わっていないと思った。

良い;誰でも知っている、西荻の本格派お蕎麦屋さん。泣く子も黙る名店、と個人的には認識している。
もっと良くなる;このままでいいかな?徳利の形も変えていただくとなお良いです。お掃除もうすこしだけお願いします。そうです私は清潔病なのです。
また行く?;Yes!
総評;西荻窪の泣く子も黙る名店。あと何回か通わないと、本当のところを理解できないような気がしている。とりあえず、ここのお蕎麦は“うまい”です。スバラシイ。
トイレ;未使用



2016年2月 再訪 箱盛りそば 大もり  1340エン
        

仕事のついでに幸運にも西荻に足を運ぶことができた。当然のように鞍馬にお邪魔した。比較的早い時間だったためか、並ばずにお蕎麦を楽しむことができた。しかも今日はこのまま家に帰ることができる。となれば、呑まない法はないだろう。ということで、お気に入りの田酒をお願いした。上品なガラスの水差しのなかで涼しげに揺れている田酒、素晴らしい。おちょこもずっしりとしたガラスのものだったが、呑み口が薄いのが良かった。のんびりとなめていると、前回同様の箱盛り蕎麦。お蕎麦だけかわいい女の子が出してくれた。個人的にはおかみさんでも十分うれしいのですけれど。それで前回同様、玄蕎麦は違うのだろうけれど、ブレのないお蕎麦を一心不乱に手繰って、今日の鞍馬体験を終えたのであった。今日も素晴らしかった。ごちそうさまでした。今日はたっぷりと湯桶に満たされた蕎麦湯を根性で全部飲み干して、達成感とともにお店を後にしました。満足しました。しかしこのお店のお客さんの平均年齢は驚くほど高い、、、、。オレなんか小僧っこだ。


2017/9 再訪 箱盛りそば おおもり 1340エン

幸いにして鞍馬を再訪することができた。我ながらなんと運のいいことよ。昼さがりに伺ったのだが、例によって年齢相が高いお客さんたちがいい雰囲気を醸し出している。常連と思われる方々は、のんびりと昼酒を楽しんでおられる。私は残念ながら雑用で忙殺されており、午後の予定が詰まっているためよだれを垂らして我慢するしかない。いつものように角盆に清潔な紙がしかれ、小皿に輪切りの繊細なさらし葱、大根おろし、細かくすりおろされた生山葵。その脇には小さな蕎麦猪口と、おそらく蕎麦つゆを供するためにわざわざ作らせた広口の徳利に少量の蕎麦つゆ。これだけでお酒が呑めるのに、、、いや、今日は我慢だ。冷たいお茶を飲みながらじっくりと待つ。しかしあまり混んでいなかったためか、ほどなく箱盛りそばが供された。蓋を開けてみると、見目麗しいきれいなお蕎麦。しかしお蕎麦の薫りは前回よりも控えめな印象。それ以外はぶれを感じさせない、質の高い完成されたお蕎麦だ。特筆すべきは蕎麦つゆだ。今日の蕎麦つゆは、高いレベルに洗練された端正なつゆであり、そのまま全て飲み干したい衝動に駆られて我慢するのがつらかった。神田まつやより薄め、甘さ控えめ、出汁の方向性が違ってカツヲ小魚系以外のものがすこし加えられているようだ。全体のまとまりは大変結構であり、お蕎麦と一緒でなくてもすでに完成された“料理”になっていると感じた。

なんとか自分を律しきって落ち着きを取り戻し、いつものルーチン通りにお蕎麦を楽しむことにした。まずはお蕎麦にお鼻ペッタリして薫りを全身で味わう。もう一度蕎麦つゆをすすってお蕎麦とのバランスを考える。結局半分弱程度お蕎麦をくぐらせることとした。あとは夢中の蕎麦時間で、あっという間にお蕎麦を手繰り終わってしまった。なんのかんの言ってもとてもおいしいお蕎麦だ。薫りがもうすこしだけ強めで、もりがもっと大きければ、注文の付けようがないスバラシイお蕎麦だ。今日もごちそうさまでした。

終わりに近づくにしたがって濃さをましてどろりとしてくる、別仕立てと思われる湯桶
にみたされた蕎麦湯を、夢中で全て飲み干して、満足してお店を後にした私なのだった。ダメだ今日は頭が回らない、、、



2018/5 再訪 箱盛りそば おおもり 1340エン
四季桜        700エン
本日も大変結構でした。しかしお子さんが騒ぎまわり、親御さんがこれを放置しておられたのには閉口。静かに、しかも無心に蕎麦を食べているお子さんはほほえましいのだが、小体なお店なので走り回る子供はどうしようもない。オジサンは退散するしかない。



2019/7 再訪 箱盛りそば おおもり 1340エン
       四季桜        700エン

本日も大変結構でした。お客さんが奇跡的に少なく、お店を短時間独占できたのも最高でした。四季桜もいつも通り”サラウマ”で、とっても満足。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Mazda 2 [クルマ]

Mazda 2 (DJLFS)

必要に迫られて、Mazda2を購入した。地元で買いたかったのだが担当してくださった営業の方がたまたま苦手なタイプだったため、ちょっと足を延ばして違うディーラーで。クルマはとてもいい。病人の送り迎えに使う小回りの利くクルマを、ということで3ではなく結局2を選んだのだが、とてもいい買い物ができた。担当営業さんありがとう。あとは年季が入ったピットで、きちんと整備をしていただけるかどうかが問題だ。ちょっと不安だ。

まず第一に、小回りの利くいわゆる5ナンバーの車格であること、
ハッチバックであること
次に、6速マニュアルであること、
ガソリンエンジン、できればNAであること、
エンジンが2000㏄より小さいこと
今回に関しては、FFであること、
後ろの席に小柄な女性が二人、快適に乗れること、
椅子が背の高い男性まで使用を想定していること(Mazda2は190㌢まで対応)、
椅子が皮を使用していること、
スタイルがいいこと、
出来るだけ装備が単純でシンプルであること、

などを鑑みて、15MBというレースでの使用を想定したモデルを購入しようとしたのだが、試乗してみたところFFらしいちょっとちょこまかとした走りが気に入ってしまった。ディーゼルもディーラーの好意で試乗させていただいたのだが、こちらは走りに高級感は漂うものの、FFなのでただでさえ重いフロントにディーゼルエンジンを積み込んであり、走ってみると前が重すぎる。ガソリンモデルは非力だが、私はエンジンをけっこう回して乗るのでそれでいいのだ。こいつは10年くらいは付き合えそうだ、と判断し、ちょっと張り込んで上位モデルを買うことにした。しかし今回の年次改良で“全部入り”のようなトリムを買わざるを得なくなってしまった。Mazdaは本気でブランドを高級化させようとしているようだ。こいつを手に入れると愛するF30に乗る機会が減るかもしれないが、大きな問題さえ起きなければ、この2台で死ぬまでやっていけるような気もしている。Mazda3のように、世代が新しくなったクルマを買いたかったのはやまやまなのだが、気になっていたフォグ周りの造形とか、天井の消音材の厚みとか、自分的には的を得た改良のような気がしている。

全体から受ける印象はやや高級になっているが、バランスは年次改良前の方がいいように思う。まあ自分自身、バランスの悪い人間なのでこれでいいかな?

ころころとMajorな変更を繰り返さず、年次改良でクルマを作りこむやり方、
ドライバー中心のクルマ作り、とくにハンドルをオフセットさせないこと、
いたずらに新しい技術を盛り込まないこと、
人間の手でクルマを作っている雰囲気を出そうとしていること、

などなど、現状のMazdaは、わたしにとって大変好ましいクルマ会社に見える。
今後もこの調子で頑張っていただきたい。
ディーラーのピットがもう少し清潔だといいなあ、、、。
ただし整備士は全員ベテランで、長期間同じディーラーに努めている方々だというので、そこに期待している。


タグ:mazda2 DJLFS
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Mazda 3 [クルマ]

Mazda 3

試乗したMazda3は結構印象的だった。何といってもドライバーズシートからの眺めが最高だったのだ。 正直言ってBMWのオーナーとして、細部が“BMWクリソツだな”、と、嫌な感じもしたのだが、無駄がなくシンプルな運転席周りは視覚的なノイズが少なく、運転に集中できるようにしつらえられている。そういえばFD2もそうだったっけなあ、、、。ああなつかしい。

現在の愛車であるF30はとてもよくできており、乗るたびにどんどん好きになるスバラシイクルマなのだが、運転席周りには様々な装飾やら照明やらがちりばめられており、Mazda3と比べてみるとゴチャゴチャした、と言ってもいいような雰囲気。3は日本車らしく、よく言えば繊細、悪く言えばチャチな作りであり、どこもかしこもがっしりと作りこまれたBMWとはクルマ作りに対する基本的な考え方が違うように思われるのだが、内外装のデザインそのものはシンプルで高品質、強い意志に基づいた一定の形式に基づいて作られており、ブレを感じさせない好ましいもの。

F30に乗っていてMazda3を思い出すなんて、、、、。Mazda3はマジで名車なのかもしれない。私のように買い足しや買い替えを考えている方は、Mazda3、お勧めです。私はMazda2を買ったけどね。

タグ:Mazda3
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

徒然F30 2019/7-1 Fuyaoのガラス [クルマ]

徒然F30 2019/7-1 Fuyaoのガラス

工業製品の製造については国際的な分業が進んでおり、純粋な国産製品などというものはもはや存在しない、ということはわかっているつもりだ。かつての愛車であったHondaのFD2だって、内部の部品にはアジア製のものが結構沢山採用されていたっけ。だから国産車と言っても昔のように全てを国内の製造業が担っているわけではなく、日本の自動車会社がコンダクターのような立場で作ったクルマ、ということになるのだろう。しかし魂であるエンジンまで外国で作って、、、というクルマなど、個人的には国産車とは呼べないと感じてしまうのだが皆様はどうだろうか、さて。

BMWはそういった意味で、ドイツで設計~製造されているクルマなのだが、やはり採用されているパーツは世界中から集められているようだ。それらは全て、BMWがきっちりと吟味した良品であると信じたい。今朝方の通勤中、いつも通り機嫌よくドライブしていたのだが、何気なくサイドウインドウを見てみると、BMWの見慣れたプロペラロゴに加えて、なんだか怪しげなFuyaoというプリントがあるではないか。これはつまり中国や韓国あたりの漢字を使う国でウインドウガラスが製造されているということではないだろうか?正直ちょっと悲しくなってしまったのだが、まずは事実を知ることから始めるべきであろうと考えて調べてみた。するとすぐに答えが出た。

世界の自動車に使われるガラスの4割くらいは日系企業の手になるものなのだが、Fuyaoという中国の会社がどんどん存在感を増しており、世界中で使われる自動車用ガラスの2割程度がFuyaoで作られているというのだ。飛び石で割れたBMWのウインドウを何度も見たことがあり、どうもBMWのガラスは弱いようだという偏見を持っていたのだが、私のクルマのウインドウも中国で作られていたとは、、、。ガラスとしての品質は複数の工業規格を満たしているため問題ないものと思われるが、やっぱりちょっと悲しい。ドイツ製、もしくは日本製であればよかったのに、というのが正直な私の気持ちだ。だってクルマには“物語”が必要でしょう?そうでしょう?心が狭い私の愚かな偏見だと頭ではわかってはいる。同じものを先進国で作るとコストがかさむため、中国製のウィンドウが採用されたのだろう。現在の中国を発展途上国と呼ぶことは事実と照らし合わせるとどうなの?という議論の余地はここでは取り上げないこととしたい。ともあれ、国際化の波は既に我々庶民の生活の至る所に押し寄せており、個々人の好みでそれを避けることはもはや不可能なのだ、残念だ。

中華パーツを堂々と身にまとったF30なのではあるが、それでも私の寵愛は損なわれることなく、今日も機嫌よく職場に到着したのであった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Mazda 2 2019/7-1 [クルマ]

Mazda 2 2019/7-1

Mazda2が我が家にくるのを楽しみに待っている。
病人搬送用とはいってもクルマは楽しく買わないと。
本当に楽しく待っているのだ。

私は6フィートを超える大男であり、我が愛する日本で暮らすともろもろ差支えがある。背が高いと言っても西欧人の血が混じっているわけではないので、身長のほとんどは胴と首だと言ってもいいだろう。欧米の空港のトイレで西欧人と並んでも引けは取らないが、お尻の高さがずいぶん違う。ちょっと悲しい。ちなみに大事なところを彼らと現場で比べたことはない。一生遠慮しておきたいと強く願っている。さて。

若かりし頃、私は本気でミニが欲しかった。職場の先輩が乗ってみなさいといってキーを貸してくれた時はだから、本当に嬉しかった。喜び勇んで駐車場に赴き、赤茶色に輝くそのクルマに乗り込んだ私は、数秒後に悲しみのどん底に叩き込まれた。背中を伸ばしてクルマに乗れないのだ。たまたまそのクルマにはサンルーフがついていたので開けてみたところ、私の頭は天井を突き抜けて鼻の先まで外気に吹かれることになった。絶望して先輩にキーを返したことは今でも記憶に新しい。小さなコミューターが好きな私は、その後も懲りずに実用性を全く考えずにスズキのツインを買おうとしたり、トヨタのiQに食指を動かしたりもした。スバルのR1もかっこよかった。メルセデスのスマートだって見に行った。私はいつだって本気なのだ。しかしどのクルマも私の座高に拒絶されて結局手元に置くことにはならなかった。残念だ。

今回クルマを買わざるを得なくなって、自分の喜びはどぶに捨て、道具として信頼性が高いと思われるHondaのFitやToyotaのVitzなどをチェックしてみたのだが、実用性第一に考えられており、クルマとしての魅力が私にとっては乏しかった。しかしMazda2に乗ってみた瞬間に気づいてしまったのだ。これは私が長年欲していたが手に入らなかったクルマそのものではないだろうか、と。それで当初は最小限の装備のクルマを買い、必要が無くなったら誰かに譲ろうと考えていたのだが、その後考え方を大幅に変えることにして、自分にとって理想に近いパーソナルコミューターを、あまりお金のことは考えずに買ってみて、気に入ればしばらく一緒に暮らしてみることにしたのだ。もちろんF30と一緒にだ。おカネはかかるが、お酒を減らせばいいかな、やめちゃえばいいかな、などと考えている。

Mazda2は小さな小さな車だ。2+2のような造りで、後席にはあまりスペースが割かれておらず、見ようによってはパーソナルコミューターそのものといってもいいだろう。巨人である私の傍らに佇むMazda2はまるで小さな小動物のようであり、なんだかとっても愛着がわくのだ。まだ手元にないけれど。私の生活にMazda2が仲間入りする瞬間を、長い頸をさらに長くしてニコニコと待っている最近の私なのであった。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車